家

屋上からの雨漏りを防ぐ防水工事|被害が発生する前に

雨漏りは厄介だけども

雨漏り

厄介でありそして住宅の天敵でもあるのが雨漏りです。現在の住宅であれば考えられないと言う方もいますが、実は現役で発生する事もあります。そうであれば外壁塗装です。これによって雨漏りを回避出来ますし、外観を綺麗に出来ます。

防水工事は欠かせない

屋根

防水工事は雨の多い国には欠かせない工事の一つです。防水工事を行うことで雨漏りにより、起こる住まいの問題を改善することが可能です。気象変動に対応して防水工事を行うといいでしょう。

防水方法を知ろう

男性

雨漏りを放っておくと、漏電と共に問題が起こる可能性があります。それだけではなく、シロアリやカビといった衛生的な問題を発生させることもあるため気をつけるといいでしょう。

雨漏りの迅速改善

一軒家

雨漏りの原因は、屋上の防水シートとコンパネの劣化にある場合が多いです。防水シートとコンパネは屋根材の下にあるため、本格的な雨漏り修理をする場合には、多くの手間をかけることになります。まずは屋根材を撤去し、防水シートとコンパネのどこが劣化しているかを特定し、その部分を修理または交換しなければならないのです。そのため雨漏り修理は、リフォーム会社や屋根屋などプロがおこなう場合が多いです。しかし、雨漏りがそれほどひどくない場合には、個人でも雨漏り修理をおこなうことは可能です。防水シートは屋根材に守られているため、その屋根材を補修すれば、雨水はそこでシャットアウトされるようになります。するとたとえ防水シートに穴が開いていても、そこから雨水が屋上から屋内に侵入することはなくなるのです。屋根材がずれて隙間ができているだけなら、それを整えるだけで済みますし、ヒビが入っていた場合には、室外工事用の接着剤で塞ぐだけで済みます。

室外工事用の接着剤は、ホームセンターで販売されています。撥水性と弾力性の高いシリコンで作られた接着剤で、だいたい1本あたり500円ほどで購入することができます。チューブの先端が細くなっているので、細いヒビの中にも注入しやすいです。ただし、接着剤を出しすぎてしまった場合、その一段下の屋根材に垂れてきて、くっついてしまうことがあります。それを防ぐためには、屋根材と屋根材の間にタスペーサーをつけておく必要があります。タスペーサーもまた、ホームセンターで販売されていますし、価格は1個数十円と安価です。同じ内容の雨漏り修理をリフォーム会社や屋根屋に依頼する場合には、数万円の費用がかかることになります。そのため少々の雨漏りなら、個人で修理した方が安上がりと言えます。