手

屋上からの雨漏りを防ぐ防水工事|被害が発生する前に

  1. ホーム
  2. 防水方法を知ろう

防水方法を知ろう

男性

雨や台風の多い日本では、雨漏りが非常に起きやすい土地柄です。
雨漏りは放っておくと様々な問題を引き起こす原因となるので、見つけ次第早急な対応が必要なのです。雨漏りや雨水の建物内への侵入によって、漏電が発生して、火災を引き起こしてしまいます、またシロアリやカビの発生原因となり、建物の耐久性が大幅に低下します。
建物の耐久性が低下すると、本来耐えられるはずの地震で建物が倒壊してしまうなどの甚大な被害に繋がる可能性もあります。建物を雨や台風から守る防水工事にはたくさんの種類があり、建物の材質や素材、築年数などに応じて使い分けます。代表的な防水工事が、FRP防水、シーリング防水、雨漏り防水などです。FRP防水とは、ガラス繊維とポリエステル樹脂を使って、この2つを一体化させる事によって強力な防水膜をつくる事が出来る工法で、強靭な防水層で優れた耐久性を持っています。夏の高温や冬の低温でも膨らんだり、縮んだりする事なく利用出来ます。簡単な工事と防水の確実性から近年の住宅防水の主流となっていて、柔軟性の高い素材なので勾配屋根や、おうとつのある屋根でもしっかりフィットします。シーリング防水は合成樹脂や合成ゴムをペースト状にしたもので、外壁や屋根バルコニーの隙間などの部分に防水と気密を目的に行われる工事です。雨水の侵入による素材や部材の腐食を防止して、建物全体の寿命を伸ばす事が出来ます。シーリング防水は、温度差による素材の伸縮や地震の衝撃を緩和するような働きもあります。